スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  














(プロ野球・時事ネタ好きの)スクール経営コンサルタント@船井総研のブログ

スクール企業の年商3億突破ストーリーとは

2014年1月14日 12:00 AM  分類: スクール経営のセオリー    

来週の日曜日1月19日の「多角経営セミナー」ですが、
こちらのセミナーは英会話教室や学習塾業界の方にとっては、「学習塾・個別指導塾」+「子供英会話教室」の融合モデルで生徒数300名突破モデルをつくるためのノウハウというわかりやすい価値があると思いますが、スクール業界の方にとっては、なかなか内容がイメージしにくいというお声をいただきました。

ちなみにこの多角経営セミナーは、タイトルが「塾+個別教室モデル」セミナーではないことからわかりますように、本質の内容は

「スクール企業における多角化経営の理想形はどうあるべきか?」

「今度どういったビジネスモデルで年商アップを目指すのがベストか?」

をお話しするセミナーです。

ややこしくなりますので、セミナーのご案内には触れていませんが、
私のプランの中では毎年1回「スクール企業における年商3億突破」をテーマにしたセミナーを開催することにしていまして(昔はタイトルそのまま「年商3億突破セミナー」だった)、この多角化セミナーは時期がずれてしまいましたが、その流れのひとつです。

要するに持続的成長可能なスタイルで「年商3億突破」を目指すための手段として、

スクール事業の多角化は必須であり、

しかもただ闇雲に出店や当たりそうな業態を付加していても、年商3億には突破できない

という現実を踏まえた上で、今後、年商3億突破を目指す企業様はどうしていくべきなのかをお伝えしていく予定です。

これほど市場の変化が速い時代の中では、単一モデルに依存した年商アップは非常にリスキーですし、またとにかく当たりそうなFCや教材に手を出してもなかなか業績が上がらず、気づいたときには不振校・不振事業が増えてしまったなんてことにもなりかねませんからね。

これからの時代の中で年商3億円突破を目指せるような企業作りをどうしていくべきなのか?

この大きなテーマに興味がある方にとっては、おススメのセミナーなのです。









プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.