スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031














スクールビジネス『即』会員数アップ講座

こどもの「成長のイメージ」を伝えられるか

2017年10月17日 3:04 PM  分類: 犬塚 義人    

先日のスクール・学習塾経営研究会の10月例会では、
午前中の講座は「入会営業」についてお話をさせていただきました。
特に英会話スクールなどの幼児・こども向けスクールにとっては、
学習塾業界の「体験前の学力状況診断」などのアンケートの取り方は
参考にしていただきたいと思います。

上記とともにスクール企業の入会営業で
意識していただきたいポイントは、
「生徒の成長のイメージ」です
(どのくらいの期間でどんなことができるのか)。

現在のスクールビジネスにおいては、
スクール通学の重要性を保護者に説明することは得意です。
(大学入試改革や教育改革、能力開発に役立つなどなど)
しかし、どれだけその教育の必要性や意義を語ったとしても、
保護者として論理的に理解し、納得できたとしても、
感情面でワクワクするかというと別です。

保護者にとっては「自分のこどもがどうなるのか」が最大の興味であり、
それもことばではなく、実際の動きなどを動画や実物を見てイメージできると、
興味を持ってもらうことが可能になります。

既存のクラスが開催される中で体験授業などを行うスクールの場合は、
体験の最中に「数年後の我が子のイメージ」を見ることができますが、
英会話などのように教室がレベルごとにわかれているケース。
また説明会や体験レッスンが別日に設定されているケースの場合は、
上記のような「成長のイメージ」を実物で見ることができません。
そのためあえて別日に見学日をもうける、
実際に成長イメージがわかる動画を見せるなどの工夫が必要になるのです。

こども向けの習い事においては、
「保護者にこどもの成長イメージを見せること」
この重要性を意識しておいていただきたいと思います。











プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.