たった1年間でFC加盟塾が問い合わせ211%&入塾276%達成
~販促リニューアルで生徒数1桁から40名へ~

業種:学習塾

学習塾プロフィール:人口13万人前後の都市でFCの個別指導塾を1教室展開。FC加盟後1年間は全く生徒が集まらず(2月に開校し翌1月時点で生徒数9名)塾経営に行き詰っていたが、1年間販促を中心に船井総研と一緒に塾経営を行うことで、問い合わせは倍増以上、入塾数は2.76倍と生徒数も一気に40名を突破し、利益も十分に出る個別指導塾となった。今後、2教室目の展開も視野に入れている。

船井総研との関わり

悩み・課題

FCに加盟し塾を開校したのが2月。そこから1年間思うように生徒が伸びず、途方にくれていたところ船井総研の「スクール経営サポート倶楽部」という勉強会の存在を知る。
現状のまま塾運営をしても何も変わらないと考え、船井総研の勉強会に入会し様々な取り組みを実践することを決めた。

成功ストーリー

1.本部にお願いすることを変えた

FCに加盟していることもあり、FC本部が言われることをそのままやれば生徒数は集まると考えていたことに反省し、自分でいろいろな取り組みを実践しなければならないことを知った。そこで、定期的に来てくれる本部のSVはアルバイト講師の研修などの内部の充実をメインで行ってもらい、販促に関しては船井総研の提案どおりに実施しようと決める。

2.船井総研支給のチラシ見本を見ながら、独自チラシを作成して春募集(2~4月)で実験

スクール経営サポート倶楽部に入会し、チラシの作成方法などの相談をすると当たったチラシや今年打ち出すキーワードなどを船井総研朝倉より教えてもらえた。まずは、そのチラシ見本をほとんど同じように自塾でもつくり新聞折込を実施してみたところ、FC本部から支給されるチラシは7.3万部(新聞折込6.3万部、ポスティング1万部)で4件の反響。船井総研からもらったチラシ見本を基に作成した独自チラシはポスティング1.3万部で5件、校門前配布360部で2件と明らかに反響が変わった。これは、チラシだけでも変更するだけで今後効果があると感じた瞬間だった。

3.春募集の成功により、夏募集(6~7月)は新聞折込を独自チラシに変更して大成功!

船井総研朝倉より、夏募集は期末テスト前から始まるとの助言があり、6月に期末テスト対策に向けたチラシなどの販促を実施。また、期末テスト後の7月には夏期講習の販促を実施したところ、新聞折込5万部で21件の問い合わせ一気に10名以上の生徒の入塾を獲得できた。春募集の実験があり、効果が期待できるということで夏募集はFC本部のチラシはほとんど活用せず、独自チラシで行ったことで今までにない反響を獲得することができた。また、その間校門前配布なども精力的に行い、塾の内装や外観もきちんと整備していたったことも反響増の要因となった。

4.反響増の次は退塾防止を意識している

ある程度生徒数が増えてきた中で、やはり退塾は出てしまった。募集ももちろん意識をするところだが、今後は退塾防止をさらに意識することで、50名、70名、100名を目指していく。学習塾は成績を上げることや生徒の成長をサポートすることが価値である。そのため、マーケティングだけで募集を増やすことはできるが、それだけでは本当に良い塾にはならない。まず、生徒数アップを行い、利益がでるようになればきちんとサービス面の強化をすることが必須になることを忘れずにさらに成長を目指している。

スクール経営サポート倶楽部

株式会社船井総合研究所 朝倉 智明

スクール経営サポート倶楽部の会員として、様々な取り組みを実践していただきました。特にマーケティング面ではチラシの作成や校門前配布の実施など今までにない業務が増えていたと思いますが、きちんと実行していただいたことで結果もでました。今後はさらに1拠点の生徒数をアップさせ、2拠点目の開校を目指してもらいたいと思っています。

↓↓事例に関してもっと詳しく知りたい方は経営相談をお受けください↓↓
カテゴリー: 学習塾, 朝倉 智明