【生徒募集・生徒数アップ】
新規集客に苦戦する首都圏英会話スクールにおいて
広告費20%削減しながら新規集客する130%アップを実現

業種:英会話スクール(社会人)
スクールプロフィール:首都圏で社会人向けの英会話スクール事業を営むA社。
英会話スクール業界は大手企業が大々的に広告展開をし、さらには各都市に拠点展開が行われる「寡占化」が進む業界の代表。その中、独立系のA社スクールは独自のメソッドは持ちつつも、その良さを上手に消費者に伝えられず苦戦していた。
フリーペーパーなどの広告を大々的に実施しても新規集客数は低迷するばかり・・・、スクールの新規集客と活性化のために船井総研にコンサルティングを依頼。
船井総研との関わり

1.Before

寡占化が進む英会話スクール業界、A社は主要ターミナル駅から徒歩5分という好立地にも関わらず、大手企業に押され気味で年々新規集客数が減少していた。
集客ために毎月多額の費用をかけて広告を打つものの、反響は減る一方、しかし広告を出さなければ集客がないため、広告費負担は大きいものの広告を出さざるを得ないという悪循環に陥っていた。
新規集客数アップのために船井総研にコンサルティングを依頼。

2.Action

まず費用対効果が合わない広告類を徹底的に削減し、広告費負担を月額ベースで20%カットに成功。自社のスクールのブランドイメージを確立するために、ロゴやイメージカラーなどをリニューアル。

それに伴い、WEBサイトや外観・看板を強化し、地域密着&独自メソッドを持つ自社の魅力を丁寧に訴求する広告戦略にシフト。

3.After

広告費を20%削減したにもかかわらず、新たなWEBや看板などを軸とした新たな集客戦略が確実に効果を発揮。

3ヵ月後にはリニューアル前をこえる新規集客数を実現し、130%超の集客数を達成。定置型の集客策にシフトしたため、広告に依存せず安定した集客&売上の確保が可能になり、安定経営を実現できている。

株式会社船井総合研究所 犬塚 義人 

ご依頼をいただいた時に、まず着手する必要を感じたのは「広告宣伝費の削減」でした。効果が逓減している紙媒体に依存する集客体制だったため、早急に最近の主流である認知重視の地域密着&WEB重視の体制にシフトしました。
結果、はじめの1ヶ月間は新しい体制にご不安もあったようですが、最終的には広告費の削減と、生徒数アップが達成できました。

↓↓事例に関してもっと詳しく知りたい方は経営相談をお受けください↓↓
カテゴリー: スクール, 犬塚 義人