スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

▼過去の記事





















大学入試改革・教育改革の本質~受験産業の変革~

2016年12月9日 8:13 PM  分類: 経営戦略時流    

既に教育ニュースでご存知の方も多いかと思いますが、2020年の大学入試改革は、試験形態・取り扱い内容などについて右往左往しています。
 
今回の大学入試改革や教育改革が評価されるべきところは、まず最初に
「日本が世界との競争に勝てる国になるために必要な人材を育てる」
「教育の本質を『社会で役に立つ知識の習得』に戻す」
という最終目的が明確に設定されていることです。
 
実際にこれまでの公教育~大学までの日本の教育が、「社会に出て、また世界に出て行くのに通用する教育だったか?」と問われれば、おそらく多くの方が「NO」と応えるでしょう。










改めて問われる「客層」「商圏」「商品」の付加

2016年12月9日 8:10 PM  分類: 経営戦略時流    

2016年のお付き合い先の企業様の各社の業績を見ていると、一定の年数が経過した状態では、既存教室ベース・既存の客層ベースで事業を進めている企業様の多くは、業績が微増~微減になっていました。
 
また、一方で何らかの新たな事業や新規開校、商品開発にチャレンジした企業様の多くは、業績が「急増~横ばい」となっていました。
新規事業にチャレンジして業績が横ばいのケースは、
1)新規事業の売上がまだ軌道に乗っていない
2)新規事業の売上は上がっているが、それ以上に既存事業の落ち込みが激しい
などが主なものになります。










単一業態の拠点拡大モデルのリスク~第二の収益の柱をつくろう~

2016年12月9日 8:06 PM  分類: 経営戦略時流    

ここ数年のスクール各社の売上動向を見ていると、
「ひとつの業種・ジャンルに特化したビジネスモデルで拠点展開するタイプの企業は、3年から5年で企業成長が踊り場を迎えてしまう」
傾向があることがわかります。
 
理由はいたってシンプルです。
◆単一業態のビジネスモデルのシンプルさゆえに拠点展開が比較的可能・集客=投資回収も早い

自社がスピーディーに展開できるということは、裏を返せば「他社」も参入が容易で、すぐに真似できてしまう。

2~3年もすると後発の参入企業が雨後のタケノコのごとく発生、当然のことながら新規開校できる地域が減る、既存教室の集客や新規教室の集客が減少する。










アメリカは「トランプ大統領」へ、今後の世界情勢について

2016年11月15日 12:53 PM  分類: 経営戦略時流    

日本では11月9日でしたが、アメリカ大統領選挙の結果がわかり、「トランプ大統領」が誕生することになりました。
この事実は、今後様々な日本国内への影響がある可能性が高いため、少し概要にふれておきたいと思います。
※政治経済などが苦手な方もいらっしゃるでしょうから、わかりやすくするために極端に書きます
 
ワイドショーや朝のニュースなどでは、トランプ氏の「過激な言動」が話題になることが多いのですが、今回の出来事は、大局的に世界の流れから見た方がよいといえます。そこからわかることは世界全体が「保護主義」の方向に動きつつあることがわかります。 特に今年に入って、イギリスのEU離脱の投票もあり、その流れからこの結果であることが大きい。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










アカデミーの講座内容の復習 人口動態とビジネスチャンス

2016年10月12日 9:06 PM  分類: 経営戦略時流    

先日のスクールビジネスアカデミーでは、日本の人口動態から考える、現在と未来のビジネスチャンスについてお伝えさせていただきました。
この内容、聞く人の考え方によって解釈が何通りにもわかれますので、下記に改めてお伝えしたかったポイントを整理しておきたいと思います。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










秋戦線の戦略的な意味~来年度からの新たな路線づくり」~

2016年9月12日 6:04 PM  分類: 未分類, 経営戦略時流    

9月、最近は9月いっぱいまで暑いことが多いのですが、いよいよ秋戦線のはじまりです。
秋戦線の9月~11月は、春戦線と比較すると山は小さいものの、生徒募集のチャンス時期でもあります。

しかし、「経営」という視点で見たときに、秋戦線は戦略的な意味において、非常に重要な時期だということがわかります。
秋戦線は「来年度の新規事業・新規開校」など、『会社が成長するために必要な新たなテーマ』に着手するべきタイミングなのです。

スクールビジネスの特性上、最も生徒の動きが活発なのは言うまでもなく春戦線です。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










スクール売上アップノウハウアワード2016

2016年9月12日 6:02 PM  分類: 経営戦略時流    

8月の研究会では、毎年恒例となったスクール売上アップノウハウアワード2016を発表させていただきました。
ランキングの1位と2位に共通する点は、「高所得者・教育意識の高い層への対応」だといえます。
既に月謝5000円~10000円の価格設定で全ての顧客をくくることに限界がきています。
よりハイレベル・ハイスピード・ハイクオリティを求める一部の客層のためには、月謝20000円以上の特別なコース設定がある方が、品揃え的にベターだといえます。
このあたりも所得の二極化が反映された時流の波を感じますね。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










スクール売上アップノウハウアワード2014~2015

2016年9月12日 6:00 PM  分類: 経営戦略時流    

スクール売上アップノウハウアワードの2014・2015は下記のようなランキングでした。
(昨年まではベスト10ランクでしたが、今年からランクは5つにしています。)

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










ストックビジネスだからこそ「下限品質」の管理

2016年6月16日 1:14 PM  分類: 経営戦略時流    

高単価商品を販売する小売業においては「一部の営業マンの長所伸展教育」によって、売上を大きく伸ばすことが可能です。いわゆる「2:8の法則(2割の人間が8割の売上を上げる)」が、スタッフにおいても成立することがあるそうです。

一方で、学習塾・スクールビジネスにおいては、一部のスタッフの長所伸展教育では、入会者数を一時的に増やすことはできるかもしれませんが、結局、スタッフ個々の力が劣っていれば、スクールの品質が悪化し、退会が増えてしまいます。
つまり、「学習塾やスクールビジネスは『ストックビジネス』である」がゆえに、下限品質が重要になってくるわけです。
いやゆる「登山チームの論理」(=組織内の最も力のない人間の力が、組織全体のチームの力となってしまう)が当てはまるのです。

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










スクールの採用競争で「選ばれる」ポイント

2016年6月16日 1:13 PM  分類: 経営戦略時流    

各業界で人手不足が顕在化し、世間の時給相場は高騰。人材が集まりにくい時代になっています。地域によっては昼間のファミレスの時給が900円~1000円というケースが出てきています。
これではスクール業界が経験者の時給1000円で出したとしても、集まりにくくなるはずです。
(特需発生地域では時給相場が1200円程度のケースもありました…)
採用競争時代ですから、採用についても消費者から「選ばれる」ためのマーケティング発想が必要になります。例えば採用についても「強者の戦略」と「弱者の戦略」が存在します。

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.