スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

▼過去の記事





















大学入試改革・教育改革の本質~受験産業の変革~

2016年12月9日 8:13 PM  分類: 経営戦略時流    

既に教育ニュースでご存知の方も多いかと思いますが、2020年の大学入試改革は、試験形態・取り扱い内容などについて右往左往しています。
 
今回の大学入試改革や教育改革が評価されるべきところは、まず最初に
「日本が世界との競争に勝てる国になるために必要な人材を育てる」
「教育の本質を『社会で役に立つ知識の習得』に戻す」
という最終目的が明確に設定されていることです。
 
実際にこれまでの公教育~大学までの日本の教育が、「社会に出て、また世界に出て行くのに通用する教育だったか?」と問われれば、おそらく多くの方が「NO」と応えるでしょう。










改めて問われる「客層」「商圏」「商品」の付加

2016年12月9日 8:10 PM  分類: 経営戦略時流    

2016年のお付き合い先の企業様の各社の業績を見ていると、一定の年数が経過した状態では、既存教室ベース・既存の客層ベースで事業を進めている企業様の多くは、業績が微増~微減になっていました。
 
また、一方で何らかの新たな事業や新規開校、商品開発にチャレンジした企業様の多くは、業績が「急増~横ばい」となっていました。
新規事業にチャレンジして業績が横ばいのケースは、
1)新規事業の売上がまだ軌道に乗っていない
2)新規事業の売上は上がっているが、それ以上に既存事業の落ち込みが激しい
などが主なものになります。










単一業態の拠点拡大モデルのリスク~第二の収益の柱をつくろう~

2016年12月9日 8:06 PM  分類: 経営戦略時流    

ここ数年のスクール各社の売上動向を見ていると、
「ひとつの業種・ジャンルに特化したビジネスモデルで拠点展開するタイプの企業は、3年から5年で企業成長が踊り場を迎えてしまう」
傾向があることがわかります。
 
理由はいたってシンプルです。
◆単一業態のビジネスモデルのシンプルさゆえに拠点展開が比較的可能・集客=投資回収も早い

自社がスピーディーに展開できるということは、裏を返せば「他社」も参入が容易で、すぐに真似できてしまう。

2~3年もすると後発の参入企業が雨後のタケノコのごとく発生、当然のことながら新規開校できる地域が減る、既存教室の集客や新規教室の集客が減少する。










注意!反響率が低下してしまう3ない広告・3ないWEBサイト

2016年12月9日 8:01 PM  分類: 集客マーケティング    

今年の上期のSBレポートでは、最近の消費者の購買行動の特性を考慮して、
 
「3ない広告」は反響が鈍くなっている
(3ないは「エビデンス・実績がない」「スクール運営側の想いがない」「ブランドを伝える要素がない」の3つのない。逆にいえば、これらを入れることが大切)
 
という主旨の記事を書きました。
 
この「エビデンス・実績」「想い」「ブランド・格」を販促物に導入していくのは、引き続きこれからの生徒募集のためには重要です。










教育業界にも「原価高騰」の波が・・・

2016年12月9日 7:58 PM  分類: 組織活性化人材育成    

パート・アルバイト講師を採用する上で重要な「県別最低賃金」。
平成28年の10月の改定では主な地域では以下のとおり。
東京:932円
神奈川:930円
埼玉:854円
千葉:842円
愛知:845円
大阪:883円
兵庫:819円
福岡:765円
北海道:786円
四国全般:720円前後 香川だけほんの少し高い 
九州全般:715円前後 福岡を除くとほぼ同じ
東北全般:720円前後 宮城だけ少し高い748円
この金額はあくまで「最低賃金」です。
首都圏は異常な状態ということがわかります。最低賃金が900円オーバーですから、街中には普通に時給1000~1200円クラスの表示が溢れています。










アメリカは「トランプ大統領」へ、今後の世界情勢について

2016年11月15日 12:53 PM  分類: 経営戦略時流    

日本では11月9日でしたが、アメリカ大統領選挙の結果がわかり、「トランプ大統領」が誕生することになりました。
この事実は、今後様々な日本国内への影響がある可能性が高いため、少し概要にふれておきたいと思います。
※政治経済などが苦手な方もいらっしゃるでしょうから、わかりやすくするために極端に書きます
 
ワイドショーや朝のニュースなどでは、トランプ氏の「過激な言動」が話題になることが多いのですが、今回の出来事は、大局的に世界の流れから見た方がよいといえます。そこからわかることは世界全体が「保護主義」の方向に動きつつあることがわかります。 特に今年に入って、イギリスのEU離脱の投票もあり、その流れからこの結果であることが大きい。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










人材の意識の分散は業績降下を引き起こす!

2016年11月15日 12:49 PM  分類: 組織活性化人材育成    

少子化が進行し、市場が縮小していく、こども向けのスクールビジネスにおいて、新規事業へのチャレンジや新講座の開発は、「絶対に取り組まなければいけない」最優先テーマのひとつです。
 
しかし、この新しい事業のチャレンジは、時にいくつかの弊害も生み出すので注意が必要です。その一番顕著な弊害とは「担当者が新規事業などを兼務した場合、確実に既存事業の業績は低下する」というものです。
 
中小企業が新規事業や新講座開発をしていく中では、どうしても「兼務」になってしまうことがほとんどです。その新規事業に丸々一人をあてるほどの余力がありませんし、人件費的にも負担が大きいからです。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










集客の基本は「立地」と「商品力」 ジャンル名が同じなら…の発想の落とし穴

2016年11月15日 11:53 AM  分類: 集客マーケティング    

スクールビジネスの新規集客については、「立地」と「商品力」が非常に重要です。立地については、商圏人口や外観による集客に影響があるため、元々影響力は強かったのですが、近年、顕著なのは「商品力」による格差です。
ジャンルや業種名は同じでも、消費者は冷静にその内容を見ており、商品力が低い業態は、商品力が高い業態と比較して、集客力が半分以下になってしまうのです。
 
例:業種名と商品力を左右する要素
英会話・英語スクール →外国人講師か否か 資格取得までできるか否か 実績など

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










スクールのイベントは紹介などの外部集客を意識しよう

2016年11月15日 11:50 AM  分類: メルマガ抜粋    

こども向けスクールには、春戦線以外に、各ジャンルごとに「一時的にニーズが高まる季節」が存在します。
例えば業界としてこの季節による参加率の変化の発想が定着しているジャンルとしては、「スイミングスクール=夏」あげられます。
 
スイミングスクールにとっては、幼稚園や学校、プライベートでプールにふれあい、「泳ぐ」ことへの意識が高まる時期には、消費者の参加意識が急速に高まるため、この季節が繁忙期になります。そのため夏休み前から短期教室などを始めて生徒募集を強化しています。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










アカデミーの講座内容の復習 人口動態とビジネスチャンス

2016年10月12日 9:06 PM  分類: 経営戦略時流    

先日のスクールビジネスアカデミーでは、日本の人口動態から考える、現在と未来のビジネスチャンスについてお伝えさせていただきました。
この内容、聞く人の考え方によって解釈が何通りにもわかれますので、下記に改めてお伝えしたかったポイントを整理しておきたいと思います。

 

PDFの閲覧は無料です。初めて閲覧される方はこちらから閲覧パスワードを取得して下さい










プライバシーマーク

Copyright © 2003-2015 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.