スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  














スクールビジネス『即』会員数アップ講座

保育園の次の『学童保育』

2017年11月14日 8:48 AM  分類: 犬塚 義人    

5歳前後の子育てをしているご家庭にとっては広く認識されているテーマに
「小1の壁」というものがあります。

これは共働きをする家庭にとって、保育園から小学校にうつる際に、
「学童保育に入れるかどうか」
「学童保育にこどもがなじめるかどうか」
「学童保育が何時までやっているのか」
などの問題が発生し、仕事を続けていきながら、こどもに安心・安全な環境を
用意することが非常に難しいケースが多くなっていることを指しています。

実際に国の政策としては「保育所不足」については急ピッチで整備を進めて、
補助金・助成金を投下していますが、この学童保育問題については、
まだまだ整備が遅れているのが現状です。
しかし、これだけ保育所不足が話題になる時代ですから、
数年後は「学童保育」不足が話題になるは自然な流れだといえます。

こうした社会環境・時代背景の中で、民間のビジネスチャンス・子育てサポートとして
スポットがあたっているのが「民間の学童保育・アフタースクール」です。

上記の小1の壁に加えて、最近の共働き世帯の保護者にとっては
「こどもに習い事をさせたい」というニーズがあります。
そこで民間企業・幼稚園・こども園が「教育付の学童保育」を用意して、
習い事を受けながら小1~小3の児童を預かる施設をつくり、
多くの利用者を集めることに成功しています。

この教育付学童保育は、最も開業に向いているのが、
既に一定規模の施設を保有している幼稚園やこども園、学習塾などの法人となります。
こうした法人においては、最も稼働が空く「14時~19時」の稼働を
促進することができるため、家賃負担を抑えたビジネス展開が可能です。

<幼稚園の学童保育参入>
「課外教室」、「教育付学童保育」の付加、強化で小学生まで通える園づくり

一方、都内では月謝が5万円以上する習い事付学童保育なども人気ですので、
家賃や施設のバランスを考えることで、十分に民間企業の新規参入も可能になります。

これから成長間違いなしといえる、「学童保育」事業。
興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか?









個人事業から「企業」への成長

2017年11月7日 10:39 AM  分類: 犬塚 義人    

スクールや学習塾をはじめるとき、多くの場合は1教室からのスタートです。
個人事業として教室運営を考えると、基本的にはオーナーの目が届く範囲で
教室運営ができる1教室が最もベターですが、1教室運営は資本力などの問題で、
大規模企業の競合が生まれてきたとき、Ed Techなどの導入が必要になった時に
非常に「脆い」存在であることも事実です。
そこで多少のリスクは覚悟しつつも、「複数拠点展開」「多店舗展開」を行い、
事業規模を拡大していく必要がでてきます。
「売上や利益のため」というよりも「守るため」にも事業展開が必要になるのです。

この複数拠点展開をしていく際には、3拠点目からは優秀なオーナーの右腕、
経営幹部が必要となります。オーナー一人の意識では限界があるため、
ある程度任せられる人材が必要になっていきます。
ある意味、個人事業から「企業」になっていく瞬間だといえます。

この段階で経営幹部を安定して雇用し続けるため、他の講師・スタッフの定着を促すための
評価制度・賃金制度などの整備が必要となり、いよいよ単なる教室運営だけではなく、
「企業」として様々な体裁を整えていく必要性が生まれてきます。
この「企業化」のステップの際に必要な要素を見落としたままだと、会社が成長していく過程で、
スタッフの離脱や問題行動等のトラブルが生まれるため注意が必要です。

そして、いよいよ拠点数が10拠点を超える規模になってくると、
今度は「本部機能」という発想が大切になります。
各拠点ごとに任せていた機能、オーナーや現場社員が兼務していた、
経営管理や人事や総務などの様々な業務の一部を本部の専門部隊が実行するという
「役割分担」が必要になってくるのです。
この本部機能の構築が未整備だと、組織としての生産性が上がりきらないので注意が必要です。

以上簡単に「個人事業」から「企業」へ、そして中小企業から「中堅企業」への
ステップをご紹介させていただきました。

一般的に教育業を考えていく時に、資本力としての安定感、さらには地域内のブランド、
対企業との取引、社会的信用などを考えると、年商として1億円以上が最低必要ライン、
理想を言えば年商3億円程度の規模感が必要となります。
それ以下の規模となると、大きな市場変化によって
経営を大きく左右されてしまうリスクを抱えてしまうことになります。

これからの環境の変化が激しい時代の中で事業を継続していくためにも、
ぜひ上記の年商規模を目指した経営をしていただければと思います。









こどもの「成長のイメージ」を伝えられるか

2017年10月17日 3:04 PM  分類: 犬塚 義人    

先日のスクール・学習塾経営研究会の10月例会では、
午前中の講座は「入会営業」についてお話をさせていただきました。
特に英会話スクールなどの幼児・こども向けスクールにとっては、
学習塾業界の「体験前の学力状況診断」などのアンケートの取り方は
参考にしていただきたいと思います。

上記とともにスクール企業の入会営業で
意識していただきたいポイントは、
「生徒の成長のイメージ」です
(どのくらいの期間でどんなことができるのか)。

現在のスクールビジネスにおいては、
スクール通学の重要性を保護者に説明することは得意です。
(大学入試改革や教育改革、能力開発に役立つなどなど)
しかし、どれだけその教育の必要性や意義を語ったとしても、
保護者として論理的に理解し、納得できたとしても、
感情面でワクワクするかというと別です。

保護者にとっては「自分のこどもがどうなるのか」が最大の興味であり、
それもことばではなく、実際の動きなどを動画や実物を見てイメージできると、
興味を持ってもらうことが可能になります。

既存のクラスが開催される中で体験授業などを行うスクールの場合は、
体験の最中に「数年後の我が子のイメージ」を見ることができますが、
英会話などのように教室がレベルごとにわかれているケース。
また説明会や体験レッスンが別日に設定されているケースの場合は、
上記のような「成長のイメージ」を実物で見ることができません。
そのためあえて別日に見学日をもうける、
実際に成長イメージがわかる動画を見せるなどの工夫が必要になるのです。

こども向けの習い事においては、
「保護者にこどもの成長イメージを見せること」
この重要性を意識しておいていただきたいと思います。











プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.