スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930














(プロ野球・時事ネタ好きの)スクール経営コンサルタント@船井総研のブログ

スクール・教育業の「春戦線」の本質

2014年5月14日 6:05 PM  分類: スクール経営のセオリー    

5月になり、徐々に年度替りのあわただしさも落ち着いてきています。

年度替りのあわただしさ&GWの存在、さらに気温を考えると、学習塾や子供向けの習い事を始める絶好の季節というのは実は5月後半~7月になります。

さらに言えばこの時期は新しい人間関係が発生しているので、紹介も生まれやすい。

そのため子供向けのスクール・教育業界においては、1~4月の春戦線と並んで、5月~7月の「初夏戦線」が重要になってくるのですが、意外なほど、この初夏戦線にはスポットがあたりません。

理由はいくつかあるのですが、主に
「昔から続いているスクール業界は4月開講の流れに引っ張られている」
「3~4月に広告を入れるのがセオリー」
「上記の流れから、3、4月にフリーペーパーなどでスクール特集が組まれる」

上記のような流れから、つい運営側が初夏戦線の販促に気を抜いてしまうため、消費者がまだまだ動く時期にもかかわらず、なかなか集客できていないのが実態だといえます。

だからこそ、5月~6月の初夏戦線にもキャンペーンを行い、また販促活動を積極的に行うことで、新規集客は伸びていくことが多いのです。

ただ、5月はGWの影響があって、消費者の動きが鈍く、6月に流れてしまう傾向があるのも事実。
だからこそ、5月の段階で積極的に販促を行い、5月時点で消費者のモチベーションを高めることで、5月中の新規集客が可能になりますし、また6月にも良い影響があります。

初夏戦線を勝負どころと考えて販促活動を続けるかどうかが、夏前の生徒数アップの成否をわけるのです。






[翌日の記事] 



プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.