スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930














(プロ野球・時事ネタ好きの)スクール経営コンサルタント@船井総研のブログ

投資感とスクール維持力との違い

2014年2月18日 11:53 AM  分類: スクール経営のセオリー    

スクール業界に限らず、「成長期」のビジネスモデルを展開しているときに必要なのは、
「投資感」であり、スピード感です。

先行者メリットが大きく、ブーム的な要素が強いため、早期に着手すれば新規開校から少しの期間である程度の生徒数を確保できる可能性が高いからです。

だからこそ、成長期の業界においては瞬く間に業績を拡大する企業が生まれることがあります。

現在のスクール・塾業界においては、地域差がありますがダンス教室や個別指導塾、幼児教育などがこの傾向が強いといえます。

しかし、「成長期」はいつかは終わり、展開期・衰退期に入っていきます。
そのときに企業を存続させられるかどうかは、まったく別の経営力が求められます。

スクールを維持する力が必要になるわけです。

このスクールを維持する力が不足しており、華々しく成長期に拡大したが、その後没落していった企業がスクール業界にはたくさんあります。

成長期のときに必要なのは、投資家としての感覚の比重が大きく、
流れが変わったときにこそ、その企業の本当の力、経営力や教育力、人材育成力が問われるのです。









プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.