スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2016年1月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031














スクールビジネス『即』会員数アップ講座

2016年に想定しておきたい世の中の変化

2016年1月15日 9:01 PM  分類: 犬塚 義人    

2016年がスタートしました。
2016年自体はスクール・教育業界にとって大きな出来事がある年ではありませんが、来年以降の変化に対しての準備をしておくべき大切な時期でもあります。
そこで2016年以降の教育業界の主な出来事を並べておきたいと思います。

2017年4月~ 消費税10%へ (約1年後、価格設定・表示などの見直し検討)
2018年~ 小学5年から英語が正式教科に
2018年~ 18歳人口が急速に減少(毎年1~3%減) ※大学・専門学校の2018年問題
2020年(見込み) 大学入試改革 ※英語入試改革 その他の受験内容も変化の可能性
2020年 東京オリンピック
2020年以降 少子化急加速時代の子ども世代がスクールのメイン客層に…

来年に迫る消費税アップ。
2018年度から始まる英語の正式教科化、2020年に想定されている大学入試改革…。

いずれの内容も企業としての事前の対応が必要不可欠です。
特に教育関連の内容については、現在の子ども達は当事者であり、制度の変更に合わせて変化対応しなければなりません。
その変化対応がスムーズにいくように、企業側としてもサポートしてあげる必要があります。

こうして見ると、これから数年は景気の変動に加えて、教育業界に大きな出来事が起こる時期だといえます。逆に今年1年は大きな変化が少ない「準備」の1年といえるかもしれません。

こうした変化の時代だからこそ、常に3年、5年、10年先を見据えて、目の前の経営や変化に向かい合っていただけたらと思います。






[翌日の記事] 





プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.