スクール経営.com スクール・学習塾の即時業績アップを支援する| コンサルティング:船井総合研究所   

スクール経営サポート倶楽部"

メールマガジン

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  














スクールビジネス『即』会員数アップ講座

こどもの「成長のイメージ」を伝えられるか

2017年10月17日 3:04 PM  分類: 犬塚 義人    

先日のスクール・学習塾経営研究会の10月例会では、
午前中の講座は「入会営業」についてお話をさせていただきました。
特に英会話スクールなどの幼児・こども向けスクールにとっては、
学習塾業界の「体験前の学力状況診断」などのアンケートの取り方は
参考にしていただきたいと思います。

上記とともにスクール企業の入会営業で
意識していただきたいポイントは、
「生徒の成長のイメージ」です
(どのくらいの期間でどんなことができるのか)。

現在のスクールビジネスにおいては、
スクール通学の重要性を保護者に説明することは得意です。
(大学入試改革や教育改革、能力開発に役立つなどなど)
しかし、どれだけその教育の必要性や意義を語ったとしても、
保護者として論理的に理解し、納得できたとしても、
感情面でワクワクするかというと別です。

保護者にとっては「自分のこどもがどうなるのか」が最大の興味であり、
それもことばではなく、実際の動きなどを動画や実物を見てイメージできると、
興味を持ってもらうことが可能になります。

既存のクラスが開催される中で体験授業などを行うスクールの場合は、
体験の最中に「数年後の我が子のイメージ」を見ることができますが、
英会話などのように教室がレベルごとにわかれているケース。
また説明会や体験レッスンが別日に設定されているケースの場合は、
上記のような「成長のイメージ」を実物で見ることができません。
そのためあえて別日に見学日をもうける、
実際に成長イメージがわかる動画を見せるなどの工夫が必要になるのです。

こども向けの習い事においては、
「保護者にこどもの成長イメージを見せること」
この重要性を意識しておいていただきたいと思います。






[翌日の記事] 



教育業の経営者が意識すべき2つの「改革」

2017年10月3日 9:48 AM  分類: 犬塚 義人    

最近の教育業界の成長企業を見ていると、従来の
「チラシや広告の作り方が上手い」
「説明会や営業トークが巧み」
「商品の見せ方が上手い」
などのマーケティング的な要素が
成功要因になっているケースが少なくなっており、
むしろ以下の2つの改革への時流適応で成功している企業が
増えているように思います。

1.大学入試改革(英語教育改革)
2.働き方改革

1の大学入試改革は文字通り、2020年からの入試改革と
それに伴う受験構造の変化に伴う新市場への対応を意味します。
一番イメージしやすいのは英語市場の増大、
さらには「英語資格」や「確実に英語力が高まる」レッスンへの
ニーズの高まりです。
既にこの英語教育分野関連で先に仕掛けた企業は
急成長を遂げることができており、
確実に従来の教育市場の一部がとってかわっています。
(今では日本全国でプリスクール・英語幼稚園という業態が
珍しくなくなってきました)

2の働き方改革は「人材不足」「労務トラブル」への対策です。
従来の教育業界はある意味
「スタッフや講師の過重労働で顧客満足度を高める」
という側面がありました。(例:休日に補講やイベントを行うなど)
しかし、現在の時流では上記のような方向を突き進めば、
かえって講師の離職や労務トラブルによる
経営のマイナスを引き起こしかねません。
そのため「働き方改革を進めながら、
いかに顧客に対するサービス品質を維持するのか」という
効率化・生産性向上が問われる時代になっているのです。

上記の2つの改革を今後の経営では強く意識しておいてください。









こどもの「やりたい!」を引き出す

2017年9月28日 6:07 PM  分類: 犬塚 義人    

スクールの入会率、さらにはイベントの参加率などを左右する重要な要素は
「こどもの『やりたい!』という言葉をいかに引き出すか」です。

どれだけ保護者に対して納得度の高い説明をして、保護者のモチベーションを上げたとしても、肝心のこどもが嫌がっている状況では、そもそも入会率が上がりませんし、仮に入ったとしても早い段階で退会になるのがオチです。

体験レッスン時の感想として「面白い!」「これ今度もやりたい!」ここまでこどもに言ってもらうのが理想形です。
また内部生向けのイベントにおいても、やはりこども自身に「これに参加したい!」と言ってもらうのがベストな形です。

こどもが自ら「学びたい!」と言ってくれているわけですから、その思いに応えようとするのが保護者の心理なのです。

こどもの「やりたい!」を引き出すための王道パターンは、
1)レッスンそのものが楽しい
2)その習い事をすることでみんなから褒められる喜んでもらえる
3)自分の憧れの〇〇になれるような気がする
4)施設の居心地がよく純粋に滞在したい
などになります。
皆さんのスクールの特性に合わせて上記のどれが当てはまるかを考えてみるとよいでしょう。











プライバシーマーク

Copyright © 2003-2017 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.